アイキララは眼窩脂肪にも効果ある?

目の下のたるみの原因は眼窩脂肪(がんかしぼう)。

 

年齢を重ねると、眼球を支える靭帯が弱って、ゆるみ始めます。

 

それによって奥の脂肪を支える下まぶたの皮膚や眼輪筋も支えられずにゆるむんです。

 

これらが弱ることで、目の周りの眼窩脂肪(がんかしぼう)が圧迫され、脂肪が前に出てきます。

 

 

これが目の下のふくらみ(たるみ)の正体なんです。

 

たるみができると、その下にヘコミができて、影ができます。

 

それが黒く見えてしまう黒クマ等の原因にもなります。

 

クマはコンシーラーでもなかなか隠せず、むくむとさらに目立つようになってしまいます。

 

クリニックの手術も有効

 

眼窩脂肪(がんかしぼう)でネットで検索すると、クリニックのサイトもたくさんヒットします。

 

目の下の脂肪取  300,000円というコースも。

 

高い。

 

でも、目の下の悩みは深刻。

 

アイクリームも効果がなくて、八方手をつくしたけどどうしようもなくて、お金もあるなら、手術という選択肢もありですね。

 

手術でたるみがキレイにとれるならいいですよね。

 

手術してもまたたるみが出てくる?対策は?

 

でも、せっかく手術をしても、しばらくするとまたタルミができてしまうということも。

 

それを思うと、やはり毎日のケアは大切ですよね。

 

目の下のふくらみ(眼窩脂肪)の原因は3つ。

 

原因1.脂肪がたまる

 

眼球の下には、クッションのように眼窩脂肪が取りまいています。

 

太っていなくても溜まる人もいます。

 

この脂肪が年齢とともに弱り重力に負けて、下垂することによってたるみを作ります。

 

原因2.肌弾力の低下

 

眼窩脂肪(がんかしぼう)は、若い頃には涙袋として、魅力の一つにもなります。

 

流行ってるときには、ヒアルロン酸を注射して、涙袋をつくる人もいましたよね。

 

涙袋メイクも脚光を浴びましたよね。

 

でも、加齢により肌のハリを維持するコラーゲンやエラスチンが減ると、肌の弾力が低下します。

 

それが皮膚のたるみとなり、たるんだ皮膚の中に徐々に脂肪が溜まってしまい、たるみになってしまうんです。

 

原因3.筋肉の衰え

 

顔の皮膚の下には表情筋という筋肉があります。

 

この筋肉が皮膚を支えているんです。

 

身体の他の部分と同じく、年齢を重ねると、筋肉は衰えてきます。

 

筋肉は鍛えなければ脂肪に変化し、筋肉がないと重力に負けてたるみやすくなるのです。

 

眼窩脂肪(がんかしぼう)のたるみ対策は2つ

 

対策@アイキララでコラーゲンを内側からサポートする

 

皮膚のコラーゲン組織の潤い不足には、アイキララのコラーゲン生成のサポートをするMGAが効果的です。

 

眼窩脂肪って何?手術をしてもまたたるむ?※対策は2つ!

 

また、アイキララには、血液をサラサラにする天然ビタミンKを豊富に含んだ植物油等を配合されています。

 

それによって目元のお悩みにつながる血行不良等の改善や、加齢で失われたハリと弾力、またコラーゲンの持つ栄養素を肌内部にしっかり留める働きを覚醒させます。

 

ふっくらと若々しい目元なら、見た目の印象も変わってきますよね。

 

アイキララ

 

ふっくらと明るい目元をつくるアイキララの公式サイトをチェックする

 

対策A表情筋を鍛える

 

顔には30以上の細かい筋肉があります。

 

顔の筋肉も、他の筋肉同様、使っていないと衰え、こわばって動かなくなります。

 

加齢とともに、普段の表情が形状記憶されてしまいます。

 

例えば、女優さんは表情をつくるために表情筋が鍛えられています。

 

だから、年齢を重ねシワができても、若く見えます。

 

それに対して、不機嫌な表情ばかりしている人は、シワが下に向かい、老けて見えてしまうのです。

 

表情筋を鍛えるのに、年齢は関係ありません。

 

歳だから‥と諦めないでください。

 

 

表情筋を鍛えるとほうれい線にも効果があるので、全体的に顔の印象も変わってきますよ。

 

内側からサポートするアイキララの公式サイトはこちら

 

アイキララは青クマ黒クマしか効果ない?※実際の口コミを検証 はこちら