アイキララはクマに効果

目の下のクマってどうして出来るの?

年齢問わず出来る、目の下のクマ。

 

アイキララ

 

アイキララの公式サイトはこちら

 

老けて見えてしまったり不健康そうに見えてしまいがちです。

 

女性は、お化粧で隠す事もできますが、なかなか消えませんよね。

 

しっかり寝ているのにどうして?

 

そんな目の下のクマの原因と解消方法についてご紹介します。

 

目の周りの構造と特徴

 

目の周りには、たくさんの毛細血管が通っています。

 

そこを血液が流れ、酸素や栄養を目に送っています。

 

眼球の周りには、眼窩脂肪という目を守る役目のクッションがあります。

 

その上に瞼があるのです。

 

瞼の皮膚は非常に薄く、皮脂腺も少ないので、とても乾燥しやすい部分なのです。

 

そのため目をこすったり、刺激を与えることによって色素沈着を起こしやすくなります。

 

目の下のクマの原因と対策と予防方法

 

目の下のクマの種類と原因

 

目の下のクマには、主に3種類あります。

 

@茶グマ

 

茶グマは、

 

  • 紫外線からのダメージ
  • 小さなシミの集合体
  • 刺激による色素沈着
  • 化粧品のかぶれ
  • 乾燥による痒み

 

による原因が多いとされています。

 

目の下のクマの原因と対策と予防方法

 

茶グマは、色素沈着によるクマですので、ビタミンC誘導体などの美白成分を含む化粧品でケアをすると良いです。

 

日々のケアを、美白作用のある化粧品で丁寧にケアしていく事です。

 

アイキララでもケアできますが、3か月ほどは見ておいたほうがいいでしょう。

 

A青グマ

 

青グマは、目の周りの毛細血管を流れる血流が滞る事が原因とされています。

 

血流が滞り、黒ずんだ血液が溜まってしまい目の周りの薄い皮膚から毛細血管が透け、青っぽく見えるのです。

 

  • 寝不足やストレス
  • 不規則な生活
  • 体調不良
  • ドライアイ

 

が原因です。

 

目の下のクマの原因と対策と予防方法

 

青グマは、目の周りの血流を良くしましょう。

 

アイクリームを使ったマッサージやホットパックをするのが効果的です。

 

アイキララは効果があります。

 

力を入れすぎず、優しく目の周りをマッサージしましょう。

 

そして、目の周りだけではなく体全体の血流を良くすると、青グマは改善されます。

 

適度な運動と体を温める、きちんとした食事を摂ると血流が良くなります。

 

B黒グマ

 

黒グマには、二つの原因のタイプがあります。

 

一つ目が、生まれつき目の下の脂肪が少ない

 

二つ目が、加齢により下まぶたの皮膚が薄く弱い

 

加齢に伴い、下まぶたの眼窩脂肪を支える筋肉が緩む事により、皮膚がたるみその下にへこみができクマとなります。

 

黒グマは、シミではないのでお化粧などでは消せません。お化粧で隠そうとすると、さらに目立ってしまいます。

 

目の下のクマの原因と対策と予防方法

 

黒グマは、筋肉のたるみや皮膚やせによるものです。

 

ですから、コラーゲンを増やすことが効果的と言われています。

 

アイキララはコラーゲン生成をサポートするMGA配合。

 

黒グマには一度試してみてほしいですね。

 

目の下のクマの予防方法

 

@茶グマ

 

茶グマの予防方法としては、紫外線を避け、日頃からケアをしていくことです。

 

化粧落としも優しく行い、しっかりと落とすようにしましょう。

 

A青グマ

 

青グマは、血行促進マッサージを日頃から心がけると良いです。

 

そして、不規則な生活をやめしっかりとした食事、睡眠をとりましょう。

 

B黒グマ

 

黒グマは、ツボ押しも効果的です。

 

こめかみ付近にあるツボ、目の下の中央から親指一本分下にあるツボを押してみましょう。

 

黒グマも青グマと同様に、優しくアイマッサージをすると良いです。

 

そして、たるみを防ぐために表情筋のトレーニングも効果的です。

 

 

クマに効果のあるアイキララの公式サイトはこちら

 

アイキララは青クマ黒クマしか効果ない?※実際の口コミを検証 はこちら